Skip to content

ボットネットコマンド & コントロールのデータ

ボット通信と悪質なプロセスを阻止

ボットとボットネット

ボット脅威は、活動や機能を自動的に不正利用して、ユーザーエクスペリエンスとウェブアプリケーションに悪影響を及ぼします。

ボットネットを利用するサイバー犯罪者は大規模な攻撃を実施できるため、短期間で損害が発生します。

エンドユーザーのデバイスを攻撃してボットネットにするマルウェアは、感染したデバイスを指揮統制センターの一部として取り込み、自動化された攻撃を実施するサイバー攻撃のツールにしてしまいます。

ボットとボットネット

猛威をふるうボット

ボットは、データや知的財産の窃取、スパムの大量送信、リソースの独占、ユーザーアカウントへの侵入、悪質な活動やクレデンシャルスタッフィングの実行、そしてDDoS攻撃の実施を行うことができます。ボットへの対抗策が必須なのはこのためです。

必要不可欠なボットのリスク緩和

金融機関、インターネットサービスプロバイダー(ISP)、通信事業会社、航空会社やそのほかさまざまな業界の企業はボットの危険にさらされています。このことは、サイバー犯罪者が得られる金銭的報酬の額の大きさを考えれば、当然とも言えます。

ボット戦略の再考

ボット戦略の再考

インターネットトラフィック全体の半分以上は、正当なものも不正なものも含めてボットを通じて行われています。ですから、ボットトラフィックの管理が非常に重要なことは言うまでもありません。さらに憂慮すべきなのは、技術の進歩によりボットが非常に高度に発達し、人間のユーザーとほとんど見分けがつかなくなったために検知が難しくなったことです。つまり、従来型のサイバーセキュリティソリューションではボットに対する保護を提供できません。

効果的なボット管理

ボットネット指揮統制脅威は複雑な上、対策を講じるのが困難な課題です。このため、データ漏えい、予想外の高コスト、ブランドの評判に対する損害などを避けるには、最先端の高度なセキュリティソリューションが必要とされています。

効果的なボット管理

ボットのリスクを緩和して。ビジネスを保護

ボットネットがネットワークに到達して不正侵入が始まる以前にボットネット指揮統制脅威を阻止します。Pipeline Securityのボットネット指揮統制データを利用すれば、悪質な通信を検知して効果的に排除できます。

ネットワークレベルの保護機能

ネットワークレベルの保護機能
脅威の阻止

脅威の阻止

ボットのリスク緩和

ボットのリスク緩和

ボットネット対策にPipeline Securityを選択する理由

非常にパワフルで多様性の高いボットネットは、いたるところに存在しており。目に見えないネットワークセキュリティへのリスクをもたらします。Pipeline Securityが提供する、複数の層からなるプロアクティブなセキュリティソリューションは、悪質なボットを検知するだけでなく、ボットがネットワークに到達するのを阻止します。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.