Skip to content

エンタープライズ脅威分析

脅威IDR - リアルタイムでサイバー脅威を識別、検知して対応(Identify、Detect、Respond)

エンタープライズ脅威分析

サイバーセキュリティにおけるパラダイムシフトの提言

攻撃を受けているのに何も行動を起こさない、などということはあり得ません。

皮肉なことに、それがまさに世界中の企業がしていることです。しかもそうした企業はそのことに気づくことなく、財政、リソースそして評判に甚大な損失をこうむる危険に自らをさらしています。

信じがたい驚きの事実

IBMによると、2019年に不正侵入の識別に要した時間は平均206日で、脅威の封じ込めには314日かかりました。さらに、たった1件のデータ侵害の平均コストは、392万米ドルと推定されています。この数値についてよく考えてみてください。

現在のあらゆるものがつながれている世界では、体系的で組織立てられたサイバー攻撃の数が増加しているだけでなく、その深刻さも増しており、企業は自らがそうした攻撃に対して脆弱なことに次第に気づき始めています。

これを数値で見てみると、Accentureによればセキュリティ侵害の平均件数は145にのぼり、昨年に比べて11%上昇、過去5年間と比較すると67%上昇しています。

信じがたい驚きの事実
対応の迅速さが重要な要素に

対応の迅速さが重要な要素に

サイバー犯罪に対抗するには、インシデント発生後にリアクティブに対応するのではなく、それ以前にプロアクティブに対応する必要があります。この常に変化し続けるサイバー脅威の現状においては、迅速な識別、検知と対応が求められているのです。

これが、悪質な接続、フィッシング、マルウェアやそのほかの潜在的サイバー脅威に関連する無数の危険を緩和する、唯一の効果的な方法です。

この傾向に後れを取らないためにはどうすればよいのでしょうか?

最先端の検知と。素早い対応

Pipeline Securityは、お客様特有のニーズに合わせて、エンタープライズ全体にわたる包括的なリアルタイムのセキュリティソリューションを提供し、お客様がサイバーセキュリティ課題に対処するお手伝いをいたします。

プロアクティブに脅威を検知

プロアクティブに脅威を検知
確固とした対応を実施

確固とした対応を実施

機能を強化

機能を強化

Pipeline Securityが傑出している理由

Pipeline SecurityのThreatIDRソリューションは、瞬時かつ効果的に脅威を検知、調査、検証して脅威に対応します。早期警戒システムとして機能して、多大な経費節約を実現し、セキュリティ脅威にさらされる危険と損害の影響を最小限に抑えます。

機械学習と人工知能ベースのソリューション、さらに非常に高い専門性を持ち、抜かりのないセキュリティ人員の組み合わせが互いを補完しあって機能することで、Pipeline Securityは他社が見逃す脅威も見つけ出します。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.