Skip to content

アンチフィッシング & 悪質ドメインのデータ

マルウェア、フィッシング、ランサムウェア攻撃からメールを保護

現代のEメール脅威の大勢

サイバーセキュリティーを取り巻く状況は、1日おきに新しい攻撃形態が出現して刻々と変化しています。とはいえ、その効果の高さから根強く残る傾向や脅威もあります。

Eメールは、フィッシングやマルウェアにおける最大の攻撃ベクターです。フィッシングおよびマルウェアは最も広く使わる危険な攻撃形態としてメールユーザーを脅かしています。

フィッシング

フィッシングとは、サイバー犯罪者がユーザーの知り合いや信頼される組織になりすますソーシャルエンジニアリング攻撃の1つです。送られてきたEメールが悪質なメールであることに気付かないまま開封して返事をするよう、ユーザーを誘導します。フィッシングの背後にある動機は、機密データの入手から企業ネットワーク内への足掛かりの獲得まで多岐に渡ります。

サイバー攻撃の91%が、フィッシングEメールで始まると推定されており、報告されるサイバーセキュリティーのインシデントのうち、最低80%がフィッシングで占められています。フィッシング攻撃により発生する損害額は、毎分17,700米ドルにも上ります。フィッシング攻撃の被害者になるのは回避したいものです。

Anti-Phishing
マルウェア

マルウェア

マルウェアは、特定のコンピューターやネットワークに損害を与えたり、稼働を停止させたり、不正アクセスを行ったりするソフトウェアです。データの窃盗やユーザー活動の監視、コンピューター機能の変更などを目的としています。マルウェアにはいくつか種類があり、ランサムウェア、ウィルス、トロイの木馬やスパイウェアなどがあります。

マルウェアの94%はEメール経由で配布され、マルウェア攻撃の平均コストは企業当たり240万米ドルにも上る事実が、世界中のビジネスがマルウェア対策を実施する必要性を物語っています。

効果的なEメールセキュリティー

ビジネスにとって大きな重要性を持つEメールセキュリティーですが、現在のサイバー攻撃に対応するには、総合的で多層的なアプローチで構成された最先端のEメールセキュリティーが必要です。Pipeline Securityは、この点で優れたアンチフィッシングとマルウェアドメインからの保護を提供します。

完全保護機能

アンチフィッシング & 悪質ドメインのデータ
脅威の徹底排除

脅威の徹底排除

Eメールセキュリティーを補完

Eメールセキュリティーを補完

Pipeline SecurityによるビジネスEメールの安全確保

損害の大きいデータ漏洩、ビジネスのダウンタイムや評判の損失などの回避に役立つ、堅牢で高い効果のあるEメールセキュリティーソリューションは、あらゆる規模のビジネスにとって必要不可欠です。

Pipeline Securityのアンチフィッシング & マルウェアドメイン保護を採用すれば、デジタル資産の安全を確保して不安材料を取り除き、ビジネスの重要な実務に集中できます。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.