Skip to content

フィッシングと悪質URLのデータ

フィッシング攻撃に含まれる悪質URLからの防御

鳴り続ける警鐘

サイバーセキュリティに関する状況は常に変化し続けており、評判の損失から知的財産の窃取、直接的な金銭的費用まで、世界各地の企業にとっての危険性は高まるばかりです。

複雑な手法を用いる抜け目のないサイバー犯罪者は、ますます巧妙でクリエイティブな手口でにユーザーを誘導してクリック、ダウンロード、添付ファイルを開封させ、個人データを獲得したりマルウェアを配布したりするようになっています。

鳴り続ける警鐘
サイバーセキュリティの課題

サイバーセキュリティの課題

一見正当に見えて実は悪質なURLは、攻撃を広めるために頻繁に利用されています。最もよくあるEメール脅威のランサムウェアやフィッシングは、通常、悪質なリンクを使ってユーザーを狙い、損害を発生させます。毎分、3つの新しいフィッシングウェブサイトがインターネットで公開されてユーザーを標的にしていると推定されています。デジタルエコシステムがさらされている危険の大きさを物語っています。

装備を整える切迫した必要性

さらに憂慮すべきなのは、サイバー犯罪者は攻撃の計画および構築に機械学習と人工知能を活用するようになり、フィッシング攻撃の有効性と質が高まっていることです。最初にURL検証を実行するセキュリティシステムさえ、いとも簡単に無害のウェブサイトを利用するサイバー犯罪者によってだまされてしまいます。そのうえ、数多くの異なるエンドポイントからユーザーがクリックすることを考えれば、一般的に使われるエンドポイントベースのセキュリティシステムは役に立ちません。

サイバーセキュリティの防御力を強化し、アップグレードすることが非常に大切なのはこのためです。

装備を整える切迫した必要性

Pipeline Securityのソリューション

Pipeline Securityは、マルウェア、悪質URL、フィッシング、スパム、標的型サイバー攻撃から企業を守る総合的な脅威保護を提供します。

セキュリティを強化

セキュリティを強化
URLとフィッシング防御

URLとフィッシング防御

リアルタイムの保護機能

リアルタイムの保護機能

Pipeline Securityとの協力体制

最新鋭のツールと技術に専門スタッフが加わるPipeline Securityのサービスは、お客様の対応能力を高め、リアルタイムで脅威を監視し適切な対応を実施すること可能にして企業のセキュリティをさらに強力にします。

Pipeline SecurityのURL保護ソリューションがもたらすメリットを活かせば、どんな状況においても組織の安全を守りつつ、円滑な事業の運営が可能になります。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.