Skip to content

脅威分析 & インテリジェンス

リアルタイムのインサイトを提供、サイバー脅威を隔離して修正

脅威検知とは?

不正侵入を受けたり、ランサムウェア攻撃への対応を迫られることは企業にとって最悪の事態です。多くの企業は情報の安全を優先して、賢明な従業員とスマートなセキュリティ技術を導入して保護体制を構築します。セキュリティは継続的なプロセスであり、絶対的な保護というものは存在しません。企業は、何者かまたは何かが防御の壁や予防対策技術をすり抜けてしまう事態などに備えて、最悪のシナリオを検討する必要があります。こうした脅威を識別する能力があれば、企業は脅威に対する対策を素早く効果的に実装して問題を修正することができます。

データ流出、ハッキング、ランサムウェア、サイバー詐欺などの情報セキュリティインシデントを回避

今日の平均的企業は、最大30社ものベンダーによるセキュリティ製品とサービスを利用して、セキュリティ運用全体の管理を行っています。このアプローチでは、毎日の運用における経費が高額になり、管理をより複雑化して誤り発生の確率を高めることになります。運用の複雑さを軽減するには、脅威検知を実装し、脅威ハンティング、分析、コンプライアンス評価、セキュリティ自動化、潜在的脅威の修正といった数多くの対策を確立する必要があります。

サイバー脅威を識別、検知して対応を行う上で、速度は重要です。企業のサイバーセキュリティプログラムは、攻撃者がバックドアを構築したり機密データをあさったりし始める前に、素早く効率的に脅威を識別して検知できなければなりません。脅威検知プログラムを構築した企業は、新出の攻撃を特定することになります。この攻撃に対する企業の対応は、サイバー脅威によってこうむる損害を制限する上で、非常に重要な要素となります。

では組織は、既知また新出の脅威にどう対応すればよいのでしょうか?

脅威インテリジェンスデータは、それまでに発見された攻撃に基づいて脅威を識別するのに役立ちます。また、脅威の識別に利用できる追加のDNS、メールとネットワークデータの相関データを提供します。これは、既知の脅威を検知するのに特に効果的で、SIEM、侵入検知システム(IDS)やウェブセキュリティ技術を実装する際によく用いられるセキュリティ戦略です。ユーザーとデバイスの分析データ利用して脅威を解析すれば、攻撃された際にどう対応すればよいのか、基本的な理解を得ることができます。

Pipeline Securityの脅威特定と対応ソリューション

活動に関する基本的な理解があれば、脆弱性のあるシステムの修正、感染したデバイスのブロック、悪質なユーザーの識別など、復旧のための計画を確立することができます。ネットワーク上で検知された脅威は、時間の経過とともに攻撃者が残す活動の痕跡についての事実を明らかにします。こうした活動の痕跡をつなぎ合わせるには、技術と人間の頭脳の双方が必要です。企業は、脅威検知と対応計画を確立しておけば、攻撃が発生した際に必要となるものの概要を把握できます。

エンタープライズ脅威分析

企業が受けるサイバー脅威の調査を担当する社内セキュリティ専門家を採用する必要がなくなり、経費削減につながります。Pipeline Securityが、悪質な接続、マルウェア、フィッシングそのほかの潜在的サイバー脅威をブロックするお手伝いをします。

DNS & Eメール脅威分析

DNS & Eメール脅威監視は、感染したIoTデバイス、マルウェアを持つPC、暗号通貨に関連する悪質な活動またはボットネット活動など特定の脅威に関して明確な詳細を提供します。

データ分析 & 分類

ウェブ、ソーシャルメディアやモバイルアプリデータの処理と分析作業を支え、セキュリティとコンプライアンスについての価値あるインサイトを企業に提供します。

脅威インテリジェンスを最大限に活用する方法。

Start your 30 day Free Trial