Skip to content

サイバーセキュリティ運用センター(SOC)

サイバー免疫力を提供するセキュリティハブ

現在の状況

今日のインターネット時代においては、常に続く技術的進歩とデジタル化の拡大にともない、これまでには存在しなかった複雑なサイバーセキュリティ脅威が出現しています。現在では、セキュリティ侵害を受ける確率が大幅に高まっているだけではなく、それに関連する費用も増大しています。

企業の対応

企業は、壊滅的なサイバー攻撃から身を守るセキュリティソリューションを見つけるため、悪戦苦闘しています。

すべてのニーズを満たすために、さまざまなサイバーセキュリティ製品に頼っている大企業も一部にありますが、自社のサイバーセキュリティをサービスプロバイダーに外部委託しているだけの企業もあります。それと同時に、セキュリティ運用センター(SOC)の導入という効果的な戦略を選択している企業もあります。

企業の対応
セキュリティ運用センター(SOC)とは?

セキュリティ運用センター(SOC)とは?

端的に言って、SOCとは、組織のセキュリティハブ、つまりはセキュリティを一元管理する司令塔です。

専門的人員、プロセスと技術で形成されており、全システムを継続的に監視してリアルタイムでサイバーセキュリティ脅威を防止、検知、分析、軽減し、脅威に対応するために休みなく稼働します。

よく見られる誤解

企業はSOCを構築すればそれで十分だと考える傾向があります。しかし、それはまったくの間違いです。

企業が世界規模で発生する最新のサイバー攻撃と闘うには、SOCを確立するだけではなく、それ以上の対策を考えなければなりません。技能の高い経験豊富なセキュリティ分析家とエンジニアが指揮する技術ソリューションと優秀なプロセスを理想的に組み合わせてSOCに導入する必要があります。適正なセキュリティインテリジェンスと知識がなければ、SOCは常に進化し続けるサイバーセキュリティの現状に適応することができません。

よく見られる誤解

高い評判を誇る防衛力と。卓越したインテリジェンス

Pipeline Securityには、専門的なサイバーセキュリティ研究の実施、困難なサイバーセキュリティプロジェクトの主導、ハイエンドな防御技術の管理などにおける、長年の実績に裏付けされた経験と技能があります。Pipeline Securityは、サイバー犯罪と闘うSOCへの支援提供の分野で市場をリードしています。

機能を拡充

機能を拡充
スマートなサイバーセキュリティ

スマートなサイバーセキュリティ

パワフルな増援リソース

パワフルな増援リソース

Pipeline Securityとの連携体制

世界一流の組織が、サイバー脅威に対する免疫と回復力を手に入れるお手伝いをいたします。手遅れになる前に、サイバーセキュリティ対策に本格的に取り組んでください。Pipeline Securityとともに、サイバー犯罪に効率的かつ効果的な闘いを挑みましょう。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.