30日間の無料トライアル
ご興味のある製品やサービスをお選びください。
データ分析と分類
潜在的なサイバー脅威を発見します。

技術革新

技術革命と継続的なデジタルイノベーションは、世界中の企業に前代未聞の利益をもたらした一方で、企業の存続さえ危うくすることのある、予期せぬサイバーセキュリティの危険も生み出しました。
深刻なサイバーセキュリティ問題
頻繁に発生するようになった脅威には、商標や著作権の悪用、トラフィック流用、悪質な通信、アカウントの乗っ取り、ブランド詐欺、ハイジャック、フィッシングまたはスプーフドメインの利用、IPやドメインをまたがるハッキングの試み、ビジネスメールアドレスとeコマースウェブサイトの悪用などがあります。

常に進化し出現し続けるサイバーセキュリティ脅威

クラウドやモバイルサービスの採用、さらには多数のオンラインチャネルにまたがる企業のデジタルプレゼンスの拡大により、企業が危険にさらされる度合いは飛躍的に高まりました。 それに加え、企業に損害を与えるためにサイバー犯罪者が非常に高度な攻撃手法を用いている事実は、従来型のセキュリティ手法ではもはや脅威に太刀打ちできないことを意味しています。 このサイバー犯罪に関する状況は深刻で、対策を変えることが急務となっています。

セキュリティを強化 - データ分析と分類の採用

ブランドを保護しサイバー犯罪者に後れを取らないために唯一有効な方法は、必要なインテリジェンスを集め、データから実用的なインサイトを得ることです。 企業向けサイバー脅威データと分析ソリューションのプロバイダーであるPipeline Securityは、この分野でお客様を支援します。

シンプルで効果的なソリューション。

Pipeline Securityの包括的なデータ分析、処理、分類ソリューションは、お客様のブランドのセキュリティとコンプライアンスを確保するため、お客様のデータに含まれるヒントを見つけ出すよう特別に設計されたものです。
|データの活用

既知の脅威と未知の脅威の双方を見つけ出すために、データを収集、正規化、ベースライン化して分析します。


インバウンドトラフィックとアウトバウンドトラフィックおよびネットワークデータを監視して、異常やインサイダー脅威を検出し、拡大しているあるいは新しく出現した脅威も検知します。


確固とした対応と脅威検知の間にあるギャップを大幅に縮めて、企業が必要とする有利なツールを提供します

|インテグレートされたインテリジェンス

デジタル資産が不正利用された時間とその手法を識別し、悪質行為を行う者による損害が発生する前に警告を送信します。


攻撃の規模、範囲と正確な標的エリアを徹底的に分析し、対抗のための適切なリソースを配分します。


攻撃者の戦略に対するインサイトを得て、危険緩和の手法および対応のためのガイドラインを確立します。

|将来の安全を守るため過去と現在を理解

お客様のデータとブランドを継続的にリアルタイムで監視することにより、リスクを効果的に分析して無毒化します。


過去および現在の攻撃を理解することでフォレンジック機能を強化して、既存の脆弱性を識別します。


企業のステークホルダーである、従業員、顧客とサードパーティーの安全を守るため、デジタル資産の不正利用を防止します。

Pipeline Securityとの協力体制

Pipeline Securityは、お客様のデータをお客様のために役立てて、安全かつスムーズな企業運営を実現させます。

Pipeline Securityの専門性が高く経験豊富なセキュリティ分析家チームと最先端テクノロジー、ツールがあれば、ビジネスの安全を常時確保することが可能となり、お客様の時間を節約して経費を大幅に節減することができます。
エキスパートに相談
グローバルにて信頼されているエキスパートがご回答します。