IPS / IDSを実装する際には、常に考慮すべきことがたくさんあります。  正しい設定とは何でしょう?  正しい構成ですか?  セキュリティルールおよび/またはポリシーは本当に効果的ですか?  各IDS / IPS、ファイアウォール、次世代ファイアウォール、またはその他のセキュリティデバイスにはそれぞれ独自の設定があり、顧客が何をデバイスで設定する必要があるかについて本当に理解することができなる可能性があります。  初期の頃は、いくつか設定するポートまたはルールがあって、すべてはうまくいっていました。  最近では、定期的な更新によって構成を徹底的にチェックする必要があり、構成および/または統合は非常に複雑になる可能性があり、物事をつなぎ合わせることができなくなります。

最悪の事態から保護する
IDS / IPS SNORTの自動アップデートは、 「ハイジャック」 または、マルウェア、トロイの木馬ダウンローダー、ボットネットコントローラーの普及に使用される専門のスパムまたはサイバー犯罪操作によってリースされたネットブロックで構成されています。  私達は脅威を特定し、システムに直接、アップデートを送信することにより、悪意のあるユーザーから保護することをお手伝い致します。

インバウンドおよびアウトバウンドの脅威

自動セキュリティルールは、既知のボットネットコマンドアンドコントロールサーバーとの間で送受信されるすべての悪意のある通信をブロックするのに役立ちます。  ネットワーク内の感染したボットネットデバイスを無力化し、データの流出を阻止します。

すべてのネットワークコマンド&コントロールの脅威を識別

ボットネットは強力で汎用性があり、至る所に存在します。それらは、迅速に集合的な計算能力を蓄積して、大量のスパムやマルウェアを送信したり、DDoS攻撃を開始したり、金融資格情報やその他のビジネスに不可欠なデータを大規模に盗んだりします。そのため、有害なボットネットに対する防衛の最前線として、ネットワークレベルの保護が必要です。  リアルタイムの脅威インテリジェンスでネットワークとユーザーを保護します。