自動化された認証とログインの不正使用からデジタル資産を保護する企業にとって非常に難しい戦いになります。現在、認証とログインの不正使用は、主要なサービスプロバイダーだけでなく、Webサイトポータルを備えた企業やログインメカニズムに直面している顧客にとって非常に現実的な脅威です。  認証、ログインの不正使用、およびパスワードスプレー攻撃は、世界中で1か月あたり25万を超えるアカウントが侵害されるほどに増加しています。

 

認証およびログイン乱用の脅威データを実装することによって、こうしたタイプの自動化されたブルートフォースおよびログイン攻撃を防ぐことができ、不正、データ漏洩、および潜在的なプライバシーデータの流出からビジネスを守ることができます。認証および不正ログインデータを使用することで、悪意のあるトラフィックが、送信、ログインフォーム、およびその他のeコマースまたはビジネス関連のページにアクセスすることをブロックすることが可能になります。不正使用が減ると、ヘルプデスクへの問い合わせが少なくなり、運用コストが削減されます。  詐欺および不正ログインの脅威データは、この増大する問題からお客様をよりよく理解し保護するための貴重なデータを提供します。

 

認証および不正ログインデータフィードには、ネットワークに対して悪意のあるログインを実行したことが観察される、または非常に疑われるIPが含まれます。

  • 大規模で揮発性のデータセット-100万を超えるIP
  • マルウェアと悪意のあるボットの特定サブセット
  • MSA接続をスプーフィングするボットネットマルウェアをホストするサーバーのIPアドレス。
  • ユーザーアカウントのパスワードを侵害しようとしたマルウェアに感染したデバイスのIPアドレス。