使用事例

データフィードのお客様は、通常、ネットワークで、DNSBL として動作するよう設定した内部 DNS サーバーにドメインレピュテーションデータを導入します。その後、この内部 DNSBL に問い合わせるよう、メールサーバーを設定します。

ドメインレピュテーションデータは様々なケースで利用できるよう設計されています。

  • メールサーバーの設定にドメインレピュテーションを含め、リストのドメインを含む rDNS の IP から送られてきたメール、From または Reply-to ヘッダがリストのドメインと一致するメール、あるいはメール本文内の URL がリストのドメインと一致するメールを拒否するようにします。

注意:この悪用された正当ドメインのカテゴリは、無条件ブロックの対象として設計されたわけではありません。メールサーバー設定でブロックするドメインは、完全なスパム、フィッシングまたはマルウェアのドメインとして判別されたドメインのみとします。(ボットネット C&C ドメインは、めったにメール送信やスパムコンテンツのホスティングをしません。)

  • 迷惑メールフィルタに ドメインレピュテーションを含めて、メールのヘッダや本文にリストにあるドメインが含まれる受信メールの評価とタグ付けを行ってください。
  • スマートホストあるいは SMTP AUTH 送信メールサーバーが送信したメールをフィルターにかけ、ドメインレピュテーションリストのドメインと一致する URL を含むメールをブロックあるいは停止させるのに ドメインレピュテーションを利用できます。

 

ドメインレピュテーションの更新を頻繁に行っており、多くの場合、迷惑メールの検出から数分でリストが更新されます。ドメインレピュテーションデータフィードサービスは、リアルタイムに近い形でこうした更新へのアクセスを提供するため、大部分の迷惑メールをユーザーに到達する前に阻止することができます。